殴られた審判、謝罪を受け入れ「バスケを続けろ 被害届出さない」

67

県警大村署はこの選手と監督を任意で事情聴取。同署によると選手は署内で審判員に謝罪したといい、審判員は「これからもバスケットボールを続けてほしい」との趣旨の言葉を掛けた。
被害届は出さない方針という。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.sankei.com/west/news/180617/wst1806170054-n1.html