• 【悲報】ゴッドファーザーのコッポラ監督がマーベル映画を批判

    25
    ゴッドファーザー マーベル映画 フランシス・フォード・コッポラ 黙示録 ヴァージに関連した画像-01
    大物監督のマーベル映画批判が止まらない。映画『ゴッドファーザー』や映画『地獄の黙示録』などで知られるフランシス・フォード・コッポラ監督がマーベル映画を「卑劣だ」とコメント。(フロントロウ編集部)

    ■大御所監督のマーベル論争

     フランシス・フォード・コッポラは、映画『ゴッドファーザー』や映画『地獄の黙示録』など誰もが一度は耳にしたことのあるクラシック映画を多数生み出してきた監督。娘は映画『ヴァージン・スーサイズ』や映画『ロスト・イン・トランスレーション』などを製作した、ソフィア・コッポラで、甥はなんと俳優のニコラス・ケイジという映画一族。

     現在80歳を迎えるコッポラ監督は現地時間20日にフランスで開かれた映画の祭典リュミエール・フェスティバルで、先日マーベル映画について「映画ではない」と発言したマーティン・スコセッシ監督の発言を支持する姿勢を示した。

     「マーティン・スコセッシがマーベル映画はシネマじゃないと言ったが、彼は正しい。なぜなら、シネマとは私たちに何かを教え、悟りや知識やインスピレーションなど何かを習得させるべきだから。同じような映画を何度も何度も見続けることで何かを得られる人はいるのだろうか」

     そう、マーベルシリーズを表したコッポラ監督は、さらに同インタビューの中で、「マーベル映画は映画ではない」と語ったスコセッシ監督は、「マーベル映画を卑劣だと言わないだけ優しい。自分ならそう言うね」とまで強気の発言。

     ちなみにスコセッシ監督以上に厳しいコメントをマーベル映画に放ったコッポラ監督だけれど、マーベル映画である『ブラックパンサー』のあるシーンには感銘を受け、何度も見返していたと、同作品監督のライアン・クーグラーがDVD特典のコメンタリーで語っていた。(フロントロウ編集部)

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://front-row.jp/_ct/17312258



  • 【朗報】竹野内豊、健在。

    24
    白髪だらけ 竹野内豊 キアヌ・リーブス イチロー 選タクシーに関連した画像-01
    12019/10/22(火) 14:35:49.25ID:2CL5Zw9Yp.net




  • 【画像】10年前から大麻を常用していた元KAT-TUN田口さんの顔がヤバイ

    44
    元-田口 タバコ 倍くらいつやっつ 悪影響 大麻に関連した画像-01
    12019/10/22(火) 06:20:15.39ID:Yzp+/M5sa.net




  • 【朗報】伊東美咲(45)、まだイケる

    39
    エルメス 伊東美咲 中山美穂 パチンコマネー エルメスたんに関連した画像-01
    12019/10/22(火) 11:54:09.48ID:R3W04gd6p




  • 黒木瞳の娘の事件wwww

    51
    ニューヨーク支部 慶応義塾 被害者 やっけ 黒木瞳に関連した画像-01
    12019/10/21(月) 11:38:50.26ID:QgWqSrJ/M.net

    何が朝!朝!朝!夜!夜!夜!だよ



  • 【悲報】フジテレビ、人の身体的特徴をネタにしてしまう

    41
    カワハギ アデノイド こいつ ミスター東大 わろたに関連した画像-01
    12018/10/24(水) 15:20:28.737ID:s5nN3loe0.net

    カワハギ アデノイド こいつ ミスター東大 わろたに関連した画像-02
    カワハギ アデノイド こいつ ミスター東大 わろたに関連した画像-03
    カワハギ アデノイド こいつ ミスター東大 わろたに関連した画像-04



  • 【悲報】小室哲哉さん、酷すぎる

    88
    小室哲哉 音楽プロデューサー 週刊文春 悲報 婚姻関係に関連した画像-01
    音楽プロデューサー・小室哲哉氏(60)と妻で歌手のKEIKO(47)が離婚調停中であることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。今年に入り、東京地裁に関連した書類が提出され、すでに5回の調停が行われている。

    「小室さんはKEIKOさんの実家に彼女のサポートを任せ、これまでお金もほとんど入れずに放置してきた。婚姻関係は続いているわけだから『生活費を入れてほしい』とKEIKO側が小室に頼むと離婚を切り出した」(2人を知る関係者)

    「小室さんは毎年楽曲提供などの印税が入り、現在でも1億円以上の総収入があるにもかかわらず、税金や数千万円の経費などを差し引いた600万円台の収入を主張。それを根拠に婚姻費用は8万円程度が妥当だと言っています。
    一方のKEIKO側としては、小室さんは音楽制作の活動を引退しており、数千万円の経費は認められないと主張。
    明細の開示も請求していたが、小室側が一向に応じず、のらりくらりとかわされている。小室さんの担当弁護士は詐欺事件や金銭トラブブルを担当した長年のパートナーです」(同前)

    08年、巨額の著作権譲渡による詐欺事件で大阪地検に逮捕された小室氏は現在も10億円以上の借金があるといわれている。 

    「調停でも小室さんは借金を理由にお金が払えないと主張しています。ただ現状、借金返済は利子を払うのみで引き延ばすかたわら、小室さんは家賃が月に100万円近い高級マンションに今でも住み、運転手付きのベンツで移動。
    前妻には慰謝料と養育費で月に130万円払っており、KEIKO側が納得しないのも無理はない。お金がどうこうだけでなく、誠意ある対応を周囲が望んでいる」(同前)
     
    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00014887-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00014887-bunshun-ent&p=2