琉球新報「日本よ、目を覚ませ 原発は時代遅れ 世界の流れは脱炭素だ」

111

将来のエネルギー政策をどうするのか。国家の未来像を示さないまま、その場しのぎでお茶を濁したとしか言えない計画案が出てきた。

矛盾だらけの内容で、「脱炭素」という世界の流れにも背を向けている。
夏の閣議決定までに科学的、国際的な視点を取り入れ、根底から見直すべきだ。

世界はいち早く「脱炭素社会」へかじを切っている。日本も目を覚ますべきだ。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-722627.html