「ラノベ」はなぜ生まれたのか

・ω・


 書店の売り場で少なからぬ面積の棚を占める一大書籍ジャンルになった「ライトノベル」。その興隆期に大きな役割を果たしたのが、1月に創刊30周年を迎えたKADOKAWA(富士見書房ブランド)の老舗ライトノベル雑誌「ドラゴンマガジン(ドラマガ)」だ。同誌についての初の本格的研究書「ライトノベル史入門 『ドラゴンマガジン』創刊物語-狼煙を上げた先駆者たち」(勉誠出版)の著者で目白大専任講師の山中智省(ともみ)さん(32)に、同誌に着目した理由を聞いた。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/21/news057.html

                   



feedly

3 2018/02/23(金) 03:39:55.20ID:GcbBXgUC.net

海野十三あたりの少年少女向け冒険小説はルーツを主張できるだろうか、、、?

8なまえないよぉ~2018/02/23(金) 03:56:12.31ID:l/7z4jQH.net

つ絵草紙

13なまえないよぉ~2018/02/23(金) 04:10:39.56ID:/4o86LYg.net

コバルト文庫とか

18なまえないよぉ~2018/02/23(金) 05:03:39.51ID:hq2WN9jj.net

石津嵐

19なまえないよぉ~2018/02/23(金) 05:13:02.92ID:UXPbgmH3.net

ラノベより更にライトになってるな

23なまえないよぉ~2018/02/23(金) 06:26:17.60ID:sTD7vGNh.net

二次創作の末裔だろ。

33なまえないよぉ~2018/02/23(金) 06:49:24.98ID:+i0ecEYz.net

ラノベって言葉聞くまで字漫画って呼んでた

40なまえないよぉ~2018/02/23(金) 07:30:58.69ID:ZXZpRh+r.net

32歳は、リアルで体験してないだろ。ロードスに始まるファンタジーやTRPGブームも絡んでくるんだけどなあ

2なまえないよぉ~2018/02/23(金) 03:38:06.40ID:Ak2JjIx7.net

ゼロ年代までか
まぁこの辺りまでのラノベは本当にちゃんとした人間が書いてたしな

2010年前後からのラノベはもうラノベで育った素人が書いたラノベみたいな何かだし別のカテゴリ作ったほうがいいのかもな

89なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:44:45.75ID:0nBGIS0S.net

>>2
いやあ、結構ひどいの多かったけどね

93なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:51:46.57ID:YrCLDOcw.net

>>89
ジャンルに限らず作品の9割はクズなんだよ。だから現在進行形では「クズばかり」になる
で、ある程度時間がたったらマシな1割が残って「昔はよかった」になる




95なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:53:20.06ID:+nQ7ZxM6.net

>>93
ああ、スタージョンの法則か

100なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:58:48.85ID:YrCLDOcw.net

>>95
すぐに分かってくれる人がいたw

327なまえないよぉ~2018/02/24(土) 14:45:18.17ID:ViVY8ubs.net

>>2
いやあ、ラノベは最初から素人の作品が多かったよ
スレイヤーズの人もそうだし、水野良だって当時は小説に関しては素人同然だった
元からラノベ業界は本格小説を書く力量がない作家の吹き溜まりだったよ

ただ当時と違うのは、
ゲーム以外何の教養もなさそうな人、小説なんか一度も読んだことなさそうな人であふれ返ってるってことだな・・・

329なまえないよぉ~2018/02/24(土) 15:56:58.59ID:vzCA/0+d.net

>>327
小説を一度も読んだことないのに小説を書くって不可能だぞ
それにラノベ作者の中には参考文献をあげている人も居る

支倉凍砂が1シリーズ作るのに使った参考資料

金と香辛料―中世における実業家の誕生
北の十字軍 (講談社選書メチエ)
ドイツ中世後期の世界―ドイツ騎士修道会史の研究
中世の星の下で (ちくま文庫)
中世ヨーロッパの生活 (文庫クセジュ (590))
ドイツ傭兵(ランツクネヒト)の文化史―中世末期のサブカルチャー/非国家組織の生態誌
天使のような修道士たち―修道院と中世社会に対するその意味
中世都市と暴力
神に問う―中世における秩序・正義・神判
中世の迷信
中世ヨーロッパに見る異文化接触
中世の人間―ヨーロッパ人の精神構造と創造力 (叢書・ウニベルシタス)
中世ハンザ都市の研究―ドイツ中世都市の社会経済構造と商業
詩人イエス (新教ブックス)
魔女狩りと悪魔学
ヨーロッパの黒死病―大ペストと中世ヨーロッパの終焉
中世の裏社会―その虚像と実像
中世都市の女性たち
中世後期のドイツ文化―一二五〇年から一五〇〇年まで
キリスト教の歴史 (講談社学術文庫)

335なまえないよぉ~2018/02/24(土) 17:22:16.52ID:348B5XT8.net

>>327
グループSNEについては海外ゲームのルール翻訳をしたって部分も大きいでしょ。

日本のSF小説界隈の、海外SF作品を同人的に翻訳したものが商業ベースに乗り、
つたない文章力でもプロの翻訳者と扱われ、ついにオリジナル作品を書く作家に…。
ていうキャリアアップのルート。
それに、ファンタジーゲームを翻訳したけど、日本ではファンタジーが
あまり知られていないので市場開拓としての小説やリプレイ本の執筆。

この辺は、鉄道会社が「列車に乗って行く目的地」として
自前でリゾート開発したのと似てる気がする。


現代の「ラノベ」事情とはあまりリンクしない話だろうけど。

339なまえないよぉ~2018/02/24(土) 17:38:08.13ID:7OMofdHL.net

>>335
リプレイ本は大偉業だよね
アメリカとかにはない文化みたいだし

4なまえないよぉ~2018/02/23(金) 03:44:03.21ID:FswEKm3M.net

ゼロ年代のラノベ作家が読んでたのってSFとか本格ミステリだからね
今のラノベ作家はラノベだけ読んでラノベ作家になる人が多い

81なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:38:42.23ID:Zv9/q00X.net

>>4
それどころかなろう小説を読んでなろう小説を書いてそれが出版、のパターンが主流になってきてるからもうどうしようもない

88なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:44:16.75ID:+nQ7ZxM6.net

>>81
果たして
文芸小説ジャンルでミリオンセラーの住野よるは
「なろう作家」に入れていいんだろうか?

86なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:42:35.95ID:0nBGIS0S.net

>>4
漫画家、脚本家、音楽家なんかでも同じだね

5なまえないよぉ~2018/02/23(金) 03:47:26.05ID:Y/bYzeCy.net

ラノベは昔からあったよ。昔は「ジュブナイル小説」と読んでいた10代向け小説だった

「青い宇宙の冒険」、「ねらわれた学園」などは今のラノベだよ。
その後、「妖精作戦」、「吸血鬼ハンター"D"」、「青の騎士ベルゼルガ物語」など、
今のライトノベルの前身だったよ

82なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:39:34.45ID:zxz3VSb0.net

>>5
ウルフガイ

308なまえないよぉ~2018/02/24(土) 13:10:02.56ID:2+rMNW7S.net

>>5
ジュブナイルとはよばず青春小説だろ
ジュブナイルは海外の呼び方で日本では一般には青春小説だった
中一コースとか中一時代とかに連載されてたのは読んでた

311なまえないよぉ~2018/02/24(土) 13:34:47.79ID:3TomgtLS.net

>>308
俺らの頃は普通にジュブナイルって言ってたわ

14なまえないよぉ~2018/02/23(金) 04:39:05.03ID:e+ETcC6E.net

「ラノベ」って売れる小説に
「あんなの小説(ノベル)じゃねーよw中身すっかすかでライトなノベル、略してラノベw、読んでる奴も中身スッカスカw」
って、レッテル貼ってネガティブキャンペーンやったのが始まりで、
「売れてる小説」を片っ端からラノベ認定して叩いてたつもりになってたら、

読者が「この売れてる小説群はラノベって”ジャンル”だったんだ。偉い人達が言ってるんだから間違いない」と、広まって。

最後に出版社の方が折れてラノベレーベルが出てきた。




20なまえないよぉ~2018/02/23(金) 05:26:32.42ID:FswEKm3M.net

>>14
安価な文庫本で出してるのにアニメ化しても単巻100万部に届かないラノベが売れてる小説?
そういえばSAOが最近になってようやく100万部行ってたね、二回もアニメ化して映画化もやってるトップラノベでようやく100万部

売れてる小説じゃなくて「出来の悪い若者向けの小説」の間違いでしょ

53なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:36:00.75ID:+B90g14M.net

>>20
出版不況の中で一握りの作家と有名な賞の受賞作以外で100万部は無理だと思います。毎年ノーベル賞候補と騒がれている方の最新作を読んで中身のある作品だと思えるのであればもう何も言えませんが。

126なまえないよぉ~2018/02/23(金) 11:08:48.07ID:OBgNPYDg.net

>>53
53に同意。
反論する連中の脳内設定がなんか変だ。

84なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:42:09.55ID:+nQ7ZxM6.net

>>20
2017年のオリコンによる「推定売り上げ部数」で
文芸小説部門とライトノベル部門を混ぜてみた

『騎士団長殺し 第1部』 502,340
『蜜蜂と遠雷』 492,767
『騎士団長殺し 第2部』 418,686
『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』 402,730
『小説 君の名は。』 316,193
『ソードアート・オンライン 19』 315,396
『コーヒーが冷めないうちに』 291,352
『か「」く「」し「」ご「」と「 』 254,226
『コンビニ人間』 243,665
『劇場』 234,202
『ソードアート・オンライン 20』 226,687
『君の膵臓をたべたい』 212,954
『魔法科高校の劣等生 21』 193,530
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 12』 186,249
『君の名は。』 184,833
『魔法科高校の劣等生 22』 181,093
『よるのばけもの』 178,146

22なまえないよぉ~2018/02/23(金) 06:20:58.02ID:iHC7BHc/.net

スレイヤーズ辺りが流行ってた頃はまだラノベって言われて無かった気がする

37なまえないよぉ~2018/02/23(金) 07:10:18.37ID:XTY+WAGI.net

記事によるラノベの定義

>マンガ・アニメ風のキャラクターイラストをはじめとした多種多様なビジュアルとのコラボレーションによって、
>ビジュアル文化にふれて育った中・高校生を中心とする若年層を小説(活字)の世界へと誘い、
>彼らのイマジネーションを喚起して小説やその物語の楽しさを知ってもらうことを目的に誕生した、
>ライト感覚のエンターテインメント小説

長い…

227なまえないよぉ~2018/02/23(金) 21:00:57.57ID:P7SQvUmp.net

>>37
むしろライトノベルという言葉が生まれた時期と経緯が注目点で
現在は「ラノベレーベルから出版されたもの」でいいんじゃねえかな
ラノベっぽいものというならほぼ無限に遡れる

228なまえないよぉ~2018/02/23(金) 21:02:50.15ID:0qAwCd9x.net

>>227
みんなだいたいこれで納得してると思うし、一々ぼくのかんがえたさいきょうのらのべ定義なんぞいらんわw

39なまえないよぉ~2018/02/23(金) 07:24:25.27ID:J8XSMlfu.net

三剣物語、風の大陸、ロードス島、スレイヤーズ
このあたりだったかなぁ・・・?

347なまえないよぉ~2018/02/24(土) 18:01:48.61ID:X0EAjlAM.net

>>39
その頃は、ラノベって呼んでなかった気がするが、ロードスは今の基準なら
確実にラノベにカテゴライズされそうだね。

ってか、ラノベっていつ頃から呼び出したんだ?と思ってググったら

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB
>「ライトノベル」の命名は、1990年初めにパソコン通信ニフティサーブの
>「SFファンタジー・フォーラム」において、それまでのSFやファンタジーから
>独立した会議室を、会議室のシスオペであった“神北恵太”[注釈 2]が
>「ライトノベル」と名付けたことが始まりであるとされる[20][21]

知らない方だが、神北恵太さん者がが名付けたのか。

50なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:16:52.63ID:1/RRNjYy.net

北杜夫とか星新一じゃない?
今書いてたら立派なラノベ作家と呼ばれてたと思うぞ

59なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:43:28.30ID:XY+jDsgN.net

>>50
その並びのもとのほうには中島敦がいるなww
あれを読んで人生を誤ったやつは1万人は下らないww

55なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:39:38.31ID:2VBbl01h.net

読んだ事のあるラノベはハルヒだけで、しかも一冊目の途中で捨てた
下手な文章を気取って書いてるのが透けて見えいて読むに堪えない

56なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:40:32.18ID:2VBbl01h.net

>>55
透けて見えていて、だな

67なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:13:34.54ID:PI1JudlL.net

>>55
ハルヒの文章って筒井康隆がローレンススターンの文章と比較して賞賛してたけど
君、文才ないんじゃない?

80なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:38:32.47ID:2VBbl01h.net

>>67
修飾語句を漫然と並べ立てて美しさに欠ける上に、描写の主体が判然としない
流れるような良いリズムが生まれない醜い文章だよ

60なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:44:46.25ID:pYPCbYii.net

なんで物書く人は「売れてるのが正義」を認められないんだろう
どんだけ内容が素晴らしくても、読まれなければ一片の価値もないのに
運良く書店で客が手に取るとこまで持っていっても、楽に読める文章じゃなきゃそのまま棚に戻されるだけ

269なまえないよぉ~2018/02/23(金) 22:55:23.81ID:qJQo7R3b.net

>>60
山田悠介を徹底的に否定する山本弘に言ってやれ

61なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:49:19.14ID:2VBbl01h.net

昔、北杜夫のエッセイを読んだな
軽妙で読み易く、それでいて文章が下手くそという事もなく、楽しく読めた記憶があるわ

69なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:23:44.54ID:YrCLDOcw.net

>>61
北杜夫にせよ星新一にせよ、そう言う小学生でも読めそうな平易な文章で文学的滋味ある内容を書いたのだが、
それゆえに無駄に晦渋な文が好まれる文壇の主流からは疎外されていたとは言われるな

64なまえないよぉ~2018/02/23(金) 08:53:24.17ID:zotbq9Bq.net

ラノベ作家の元祖は眉村卓じゃないかね
「狙われた学園」「なぞの転校生」「時空の旅人」
更にさかのぼれば「少年ケニア」の山川惣治

74なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:33:41.26ID:DBcIAs4s.net

>>64
その手のやつは、当時のSF作家が持ち回りで書いたジュブナイエルSFで

眉村卓のメインの作品はSFでありながら、泉鏡花文学賞とか取ったやつだからな

75なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:34:34.51ID:3Wc1Wopk.net

ぶっちゃけ、富士見ファンタジア文庫がラノベの始祖。

134なまえないよぉ~2018/02/23(金) 11:52:38.30ID:HfdHFhsU.net

>>75
角川スニーカー文庫と雑誌「野生時代」の増刊から独立創刊した、
雑誌「The Sneakers(ザ・スニーカー)」辺りが今のラノベ文化の端緒だと思ってたわ。

その後、ラノベ界の覇権を
富士見ファンタジア文庫と雑誌「Dragon Magazine(ドラゴンマガジン)」が握り、
電撃文庫がその座を奪って以降、7年周期で代わるかと思われたラノベ界盟主の座に
君臨し続けた訳だが、
同じようなラノベしか出なくなった、年配のファンが離れたことに危機感を感じた
電撃文庫の編集長が飛び出して、メディアワークス文庫を創った、....と言う認識だったり。

137なまえないよぉ~2018/02/23(金) 12:13:24.19ID:EhCWm7JV.net

>>134
スニーカー文庫の頃は
まだ「小説」だったような気がするよ
それこそ「アルスラーン戦記」なんかも、当時スニーカー文庫で出てた
結局、やっぱり読み物としてしっかりしている>小説だったと思う

現在の「ト書き」と「軽妙なストーリー」
「イメージしやすいよう挿絵を多用する」=ライトノベル、の形を削り出したのは
やっぱりドラゴンマガジンだと思うよ(分かんないけどね

77なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:36:49.89ID:14zZKqc8.net

ライトノベルは漫画やアニメを好むが小説に触れない層に向け、内容や表現など漫画やアニメ寄りにさせたもの

今は無料で気軽に読めるネット小説が担っている。
文字が多すぎて、ライトノベルが読めない者もいるとか

79なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:38:28.90ID:vAKglgpH.net

>>77
歳取ると絵と文字が混在するより、文字だけのほうが読むの楽になったわ(´・ω・`)

91なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:50:36.47ID:j/OwZthJ.net

子供のころ選択肢をページで選ぶドラクエの小説をよく読んでたなあ

107なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:15:32.04ID:URZEHXDg.net

>>91
それはゲームブック
テーブルトークRPGを一人で楽しむための物

94なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:52:03.72ID:Cx1KICK6.net

アニメージュ文庫あたりが始祖だろ

310なまえないよぉ~2018/02/24(土) 13:32:42.79ID:3TomgtLS.net

>>94
コバルト文庫とかだろ
アニメのノベライズよく買ったわ

97なまえないよぉ~2018/02/23(金) 09:56:48.44ID:6JmoW3XT.net

絵入りの小説なんて大昔からある、ただ絵柄がアニメっぽくなったそれだけ。一切特別なところはない。客層が特殊なだけだ。

101なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:00:28.63ID:EhCWm7JV.net

>>97
例えば、月刊カドカワとかで、ページ開くたびに挿絵が出て来るような
そういう作りでは無いでしょ

基本は文芸誌は、作家の小説を扱う場所なのであって
その点、ドラゴンマガジンはビュジュアルに比重を置いた物だったんだよ(ちょっと変わってた

102なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:00:45.13ID:sGwWixfi.net

菊地(Dとトレジャーハンター)、笹本(エリアル)とかが絶好調のときソノラマって隔月かなんかの雑誌出してた記憶あるけど?

124なまえないよぉ~2018/02/23(金) 11:00:35.58ID:ml5Xhic4.net

>>102
「獅子王」だな。
菊地秀行、高千穂遥、山田正紀、夢枕獏とか
かなり強力な連載陣で、小説+挿し絵がウリ。
ラノベとかいう言葉がなかった時代だが、
今のラノベ専門誌の元祖だよな。

136なまえないよぉ~2018/02/23(金) 12:04:22.21ID:3Wc1Wopk.net

>>102
獅子王→グリフォン

104なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:06:31.52ID:O4br9iXt.net

ロードス、スレイヤーズ、フォーチュンクエスト、昔見てたなぁ

それより前ってダンバイン外伝みたいのだっけ?

171なまえないよぉ~2018/02/23(金) 14:33:20.05ID:Y/bYzeCy.net

>>104

クラッシャージョウやダーティーペア

110なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:28:51.29ID:rKbm+IJ4.net

幻魔大戦
クラッシャージョウ
辺りが起源か

115なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:40:07.59ID:yXj8LBXG.net

>>110
翻訳物のコナン、火星金星シリーズもカラー口絵あって挿絵多めだったけど影響してたのかな?
あのへんも今だとラノベに入るのか?(それとも古典か・・・)

114なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:32:00.69ID:+nQ7ZxM6.net

『ハリー・ポッター』シリーズは
日本人が書いたとしたらラノベ扱いになるだろ?

117なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:40:20.03ID:14zZKqc8.net

>>114
あのままならユーフォニアムや氷菓辺りのように、本に触れている若者向けな一般文芸だろう

187なまえないよぉ~2018/02/23(金) 15:52:44.94ID:sF1nv2qs.net

>>117
氷菓は初出がスニーカー文庫なんだから当時としてもラノベでしょ
作者が後にミステリ畑でブレイクしたから一般レーベルに移籍したタイプでGOSICKとかと一緒

121なまえないよぉ~2018/02/23(金) 10:56:04.73ID:URZEHXDg.net

>>114
原文は読んでない(読めない)から知らんが
映画見た限りでは1990年代ラノベそのものだよな

クディッチなんて競技そのもの(点取り合戦)は勝敗に関係ないと言う
今の俺Tueee的なルールだしw

140なまえないよぉ~2018/02/23(金) 12:21:58.75ID:Wq8JpmrH.net

最初のラノベって何なの

ふつうにSF小説かジュブナイルな文庫本だったの?

153なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:17:06.29ID:s6lg5EC1.net

>>140
源氏物語かな?

144なまえないよぉ~2018/02/23(金) 12:37:13.76ID:ksxYVFwg.net

無責任艦長タイラーも最初は朝日ソノラマだっけか

147なまえないよぉ~2018/02/23(金) 12:52:37.47ID:ChuFieNw.net

ラノベも普通の小説も殆ど変わらない
一般小説でもラノベ的なのは多い
単に萌えイラストがあるかないか程度の違い

152なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:09:52.24ID:T3YVr/4U.net

>>147
ラノベでも地文で説明する文章力があれば一般小説でもいいのだが
それを完全に放棄しているイラスト便りとかセリフばかりとかがあるからなあ

155なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:26:07.47ID:ChuFieNw.net

>>152
そだねー
ラノベには運良くデビューできたけど全くレベル低いのも相当数あるのが問題かも

セリフばっかりなのは素人ラノベには多いわ

148なまえないよぉ~2018/02/23(金) 12:52:51.54ID:Bw/ePrt7.net

高千穂遥とかラノベの走りじゃねぇの?
てか昔はSF小説自体が小説と見做されてなかった様な。。。
スタージョンじゃないけど。

192なまえないよぉ~2018/02/23(金) 16:21:38.40ID:3Wc1Wopk.net

>>148
高千穂先生は、クラッシャージョウシリーズを王道SF/スペオペとして執筆者してたと思われ。

151なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:03:42.92ID:ksxYVFwg.net

宇宙皇子はいのまたむつみが絵師じゃなかったら売れなかったよな
俺は30数巻あたりで挫折した・・・

154なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:18:50.33ID:URZEHXDg.net

>>151
それ ほとんどのラノベに当てはまるだろ

156なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:27:11.44ID:blt3K2Vv.net

ルナ・ヴァルガーの名前が出ていないのが意外だなあ
ちょうど境目辺りにある作品と思っているのだが

161なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:49:39.11ID:HfdHFhsU.net

>>156
独特なルビが特徴の秋津透ね。

「希望的観測(ルビ:こうだったらいいな)」みたいなのがいっぱい並ぶのよね。

166なまえないよぉ~2018/02/23(金) 14:06:34.26ID:FokVye0k.net

>>156
ルナ・ヴァルガー読んでたな
あとは、再アニメ化されたけど、無責任船長タイラーとか

163なまえないよぉ~2018/02/23(金) 13:58:48.31ID:EhCWm7JV.net

火浦功は…星新一とかの派生か

168なまえないよぉ~2018/02/23(金) 14:29:38.32ID:1z8Ov+SS.net

>>163
みのりちゃんシリーズはラノベ初期といえなくもないかもしれない

178なまえないよぉ~2018/02/23(金) 15:24:05.37ID:3CH0anOp.net

玉石混交の石の比率がどんどん上がってるイメージ

180なまえないよぉ~2018/02/23(金) 15:27:53.94ID:sx4j3I4x.net

>>178
混合されてる数自体が膨れ上がってるからね

181なまえないよぉ~2018/02/23(金) 15:31:43.87ID:F/womawA.net

30年前に高校の図書室で読んだ新井素子の絶句!が初ラノベかなぁ
当時そんな言葉なかったけど

193なまえないよぉ~2018/02/23(金) 16:23:54.49ID:3Wc1Wopk.net

>>181
新井素子はラノベだなんだ言う以前に、「あれは新井素子作品だ」としか表現しようが無いな。



48