教科書から士農工商という記述が削除されたようだが 江戸時代 露骨な身分制度は無かったということでいいの?

60

12018/12/21(金) 10:32:18.15ID:

明治政府は四民平等という政策を掲げた訳だけど




                   
52018/12/21(金) 10:36:46.77ID:

「鎖国」ってワードも明治になってから発明されたんだよな


112018/12/21(金) 10:48:09.59ID:

明治政府が市民平等をアピールするため士農工商があったことにしてる


202018/12/21(金) 11:02:52.89ID:

農ってのは大地主のことだからな


212018/12/21(金) 11:03:56.28ID:

今の子供に勉強教える親は大変そうだな


242018/12/21(金) 11:33:06.47ID:

武士いうたって江戸期のそれは末端の公務員だもの


292018/12/21(金) 11:38:01.23ID:

商人が強い大坂に幕府おいてたらそんな身分制度もなかったやろ


522018/12/21(金) 12:28:54.11ID:

御家人株:江戸時代、御家人が生活困窮によって農民・町人などに売り渡した家格


562018/12/21(金) 12:32:34.78ID:

職業に関わらず一般人はみんな百姓なんでしょ?


592018/12/21(金) 12:37:53.21ID:

百姓というのはもともと民草と言うような意味でそれが転じて日本では農民を指すお百姓さんになった




612018/12/21(金) 12:39:39.78ID:

主観によるだろう


632018/12/21(金) 12:43:52.05ID:

終戦直後の都市近郊の農民も威張ってたよ


642018/12/21(金) 12:45:17.49ID:

武士が農民一揆を起こされたから家督を継げない可能性もあるし一大事だからな


672018/12/21(金) 12:53:53.28ID:

今だって大卒は高卒を下に見るし高卒は引きこもりを下に見てるんだから江戸時代だってそういう区分けはあったはず


692018/12/21(金) 12:56:58.85ID:

家の先祖は宇和島伊達藩の旗本だったけど江戸では貧乏窮まって家内工業と商売(油売りと天ぷら屋)の両方やってたって


762018/12/21(金) 13:09:11.38ID:

エタヒニンを五人殺して一般人一人分だったはず 神社も裏の参道のみ 食い物屋も利用するときは別の専用な器


782018/12/21(金) 13:13:10.31ID:

簡単に言えば階級闘争史観だよ


832018/12/21(金) 13:55:24.11ID:

士農工商ヲタ撮り鉄


932018/12/21(金) 14:23:04.75ID:

えた非人にしても特定の業務の独占を許されていたから優遇されていたとも言えるわけで


1192018/12/21(金) 18:34:25.03ID:

質屋に侍が刀売りに来たっていうからな


1242018/12/22(土) 06:09:27.05ID:

江戸時代生きるなら庄屋がベスポジだよね


1302018/12/22(土) 09:29:18.39ID:

農本主義で米本位制なんだから農家が上に決まってるだろ


42018/12/21(金) 10:35:36.17ID:

士農工商はまじで無かったよ
農民でも財力が有れば武道と学を付けて武士に成れた
武士から商業従事者に転職する人もいた


72018/12/21(金) 10:42:25.62ID:

士農工商という明確な身分格差が農工商に無かった
もっと多様な職業による区別が町民と農民の中にあった
コメを作る農民が奉行所の仲介で話し合う時に
町人より上座に座ったという記録は多々あるが


82018/12/21(金) 10:43:25.28ID:

朱子学とかが理想とする秩序として士農工商という理念はあった
現実にはそうはならなかった




92018/12/21(金) 10:43:37.70ID:

権力者の世襲化、正社員と非正規による
身分固定化とか
今、露骨に士農工商化してるから教科書から
削除したんだろ


442018/12/21(金) 12:08:35.55ID:

>>9
都合が悪いからな


102018/12/21(金) 10:44:27.94ID:

「士農工商はなかった」と言うと論理的思考力のない低能は勘違いするようだが
士>農>工>商という説明が不適切というだけで身分制度はきっちりあった


122018/12/21(金) 10:48:30.41ID:

よく時代劇とか昔話に出て来る村の代表的存在の庄屋さまって農なの?商なの?


152018/12/21(金) 10:51:26.40ID:

>>12
基本は農民だよ


132018/12/21(金) 10:48:47.90ID:

農は固定されてただろ
生産性が低くて一定人数が必要だから


162018/12/21(金) 10:51:51.40ID:

×士>農>工>商
○士>農・工・商(別枠えたひにん)

「士農工商」という言葉は中国で古くから使われていたもので日本で作られた言葉ではない
漢書に「士農工商、四民に業あり」とあるように
本来は広くあらゆる職業の人々を指す言葉で「民衆」「みんな」といった意味で使われていた


192018/12/21(金) 11:01:11.08ID:

>>16
こういうことだろ
武士と農民町人がボーダーレスってことじゃないだろ


422018/12/21(金) 12:07:37.02ID:

>>16
なお漢語の「士」は文官(に成れる識字層)という意味だから、
武士を意味する日本語とはズレがある
ただし武士の方も江戸時代中期以降は実質文官になったので、
一周回って似たような内実になってしまったのだがw


172018/12/21(金) 10:54:07.21ID:

>>1
明治政府のレッテル貼りの要素もあるよ


222018/12/21(金) 11:04:37.50ID:

農民が武士とぶつかって「無礼者!」と殺されても農民の妻や子供はそれは殺されても仕方ないしむしろ謝罪しないとって本気で思ったんだよな


262018/12/21(金) 11:35:18.40ID:

>>22
それホント?
切り捨て御免なんかなかったって聞いてたけど


622018/12/21(金) 12:43:51.49ID:

>>22
そんなことしたら農民一揆を起こされるよ
その辺の浮浪者と領民とは全然違う


232018/12/21(金) 11:12:25.73ID:

下級の武士は農民と何も変わらない


272018/12/21(金) 11:36:25.64ID:

>>23
農民は帯刀できない




332018/12/21(金) 11:45:15.45ID:

>>1
違う
士族と町民という構図で士農工商というのは農本主義の象徴で別に商工業従事者が農民より位が低かったという訳ではない


342018/12/21(金) 11:45:18.13ID:

無礼がそれ相応と認められなかった場合逆に死刑となった
だからめったなことでは刀を抜くなんてできなかった


392018/12/21(金) 12:00:00.06ID:

農が工商を抑えて二番目に位置してるのはそうやって不満を逸らす為だとしたり顔で教えてた連中

根拠なかったのかよ


402018/12/21(金) 12:00:57.63ID:

武士が官僚公務員で
農民商人がサラリーマンみたいなもん
もちろんそれぞれピンキリ


482018/12/21(金) 12:16:47.31ID:

>>40
それをいうなら農工商は自営業だろ


502018/12/21(金) 12:27:04.15ID:

士農工商という身分制度がはっきりしてなかった説は
昔から識者の間では常識だったの?
おっさんの俺世代は当然のように学校で教えられたけど


512018/12/21(金) 12:27:07.29ID:

今とさほど変わらないよな
公務員様、官僚様、議員様たちの言う事は絶対だとして支持する若者も多いしw


532018/12/21(金) 12:30:40.40ID:

豪農は町に商店や芝居小屋を出してたぐらいだからな
小作農だって裕福な地域じゃ羽振りが良くて他に土地を買って地主になったりしてた
途上国から先進国へ出稼ぎに行って稼いだ金で自国で不動産賃貸業を始める感覚


552018/12/21(金) 12:31:45.47ID:

士分とそれ以外ははっきりしていたよ
士分の中でもさらに細かく分かれてる


572018/12/21(金) 12:34:48.19ID:

どうせこれもまた覆るんでしょw
歴史教育とかマジで意味ねえw


582018/12/21(金) 12:36:44.83ID:

中国でも春秋以前の士は兵士とか武士だろ?
科挙以降は郷士とか進士の方に変わってるだろうけど


602018/12/21(金) 12:38:03.51ID:

士分は殆どが食うのに困る下級官僚だからな
金の持ってる都市近郊の農民の方が遥かに威張ってた


682018/12/21(金) 12:56:17.06ID:

現代中国とかそんな感じだな
士が共産党員で農が農村戸籍
工商が都市戸籍でエタ非人は無戸籍とか少数民族か 


892018/12/21(金) 14:13:29.18ID:

>>68
少数民族は優遇されてるからエタヒニンとは違うんじゃないか?


912018/12/21(金) 14:19:10.47ID:

>>89
別に一揆の責任者なんてどうでもいいわけ
大事なのは租税の取立てなわけ


702018/12/21(金) 12:57:04.88ID:

族称の中でのヒエラルキーは当然そりゃあるさ
武士言ったって藩主から浪人までおる


712018/12/21(金) 13:02:01.48ID:

「武士」というのも本来は身分用語ではなく職能を表す言葉
法令ではあまり出てこなくて「武家」とか「諸士」とか「士分」と言う方が多い

翻って「侍」というのは本来は身分用語で
武士でない侍もいるし侍でない武士もいる
前者は公家や門跡に仕える侍
後者は騎乗や主君に拝謁できない身分又は大名


732018/12/21(金) 13:04:11.91ID:

藩が正式にできたのは明治元年
江戸期のことで藩というのは厳密には間違い


742018/12/21(金) 13:07:05.56ID:

明治になって戸籍に書き写す時には
士族と平民としか分けられてないので
農工商という区分けなんてものは存在してない


752018/12/21(金) 13:07:29.62ID:

さむらいが統治層としての自己認識を反映させた自称が武士と言う言葉でしょ
だから士をさむらいと読むようになったの




792018/12/21(金) 13:13:47.45ID:

穢多は当時の職業区分としての賎民の中の1つ
賎民は律令制度において五色の賎とされた人たちの
流れも含む複雑な階層群の事
非人は無職の輩


822018/12/21(金) 13:54:16.71ID:

>>79
江戸時代 コジキは登録制の職業 一般人がホームレスになり始めるのは野ヒニン 正規のヒニンに見つかるとリンチされる


852018/12/21(金) 14:01:44.36ID:

非人も一応職階であって
本物のアウトカーストではない
他に何の帳簿にも籍にも乗らない野良が居た


872018/12/21(金) 14:06:35.81ID:

江戸の農村てじつは豪農とかいうのが実態で
村長はいわゆるその土地の豪族の家筋
だから氏族姓や苗字も当然持っていたわけ
村長が一揆おこしたときに責任取るのも当たり前で
その土地の実質の支配者が村長=殿様
こういう土地支配の仕組みの上に
幕府と藩がのっかけていたわけ
この長い歴史性は律令制導入の頃から浸透したわけ
そこが王朝交代の中華半島と違うところ


922018/12/21(金) 14:20:56.94ID:

>>87
そのころ藩はなかっただろ


952018/12/21(金) 14:27:52.05ID:

農工商は何してたのかイメージできるけど士は普段何してたの?


1022018/12/21(金) 14:58:05.51ID:

>>95
現代の公務員だと思えばいい


962018/12/21(金) 14:30:00.70ID:

役目がある人は出仕してお仕事
役目の無い人はブラブラしたりアルバイトしたり


982018/12/21(金) 14:33:53.48ID:

人口の殆どが農民で士族以外はあまり関係ない
その農民の中で地主と小作に階層が出来て
同じ農民の中で格差があった方が問題が大きかった
今の感覚で江戸とか大坂を念頭に考えると見えなくなる


1002018/12/21(金) 14:36:32.15ID:

20XX年の教科書

「外国人研修制度なんて無かった、非正規制度なんて無かった」


1012018/12/21(金) 14:38:27.77ID:

一応は警察とか教師とか役所とかの行政なんだが
石城日記という絵日記を書いた人みたいな食いっぱぐれの下級武士は
絵を書いて家庭塾やってとバイト生活みたいな感じで笑える酒飲んでぐうたらしてるし


1042018/12/21(金) 15:44:46.55ID:

階級闘争史観 かいきゅうとうそうしかん
経済上の利害や地位や性質などを同じくする集団である階級 (社会階級) をキーワードとしたマルクス主義に基づく史観。
たとえば,古代ギリシアの貴族と奴隷,中世の封建領主と農奴,近代の資本家と労働者などのように,各時代に生産手段を所有する階級と所有しないで主な生産の担い手となる階級がいて,両者の闘争が次の時代を準備したとするもの。
そして,近代の階級闘争は,プロレタリアートの独裁を経て無階級社会にたどりつくとも説明する。
しかし,社会主義体制の崩壊や社会主義の低迷は,階級闘争理論の誤りと不毛を示すものとも考えられる。


1112018/12/21(金) 16:57:29.30ID:

士以外はすべて同じ身分だったということらしい
つまり士だけはるかに別格だったようだ


1132018/12/21(金) 17:08:56.18ID:

>>111
公家は?


1142018/12/21(金) 17:26:47.28ID:

>>111
これは間違い
身分制度としては貴族と士農工商(=一般国民)の区分
だから従何位とか貰ってる殿様は偉い


1182018/12/21(金) 18:21:37.03ID:

士でもどこかの藩に仕えてないとダメだったそうだよ
いわゆる浪人は町人と同じ扱い
公家、僧侶は身分制度から除外された人達


1202018/12/21(金) 19:38:17.92ID:

薩摩藩は士族の割合が多く全人口の30%が士族だったと言われている
そのために薩摩藩は慢性的な財政難に陥り、藩の会計係を担当していた大久保一蔵は維新後、士族の平民化を急いだのはそのせいである





注目記事

ツイッターの反応

コメントありがとうございます  

最新のコメントへ(60)  
お気軽に一言お願いします。   最新のコメントへ(60)
 
 

コメントが反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
60