悪人「落ちたか……この高さでは助かるまい」手下「一応死体を確認しません?」

15

12019/02/25(月) 21:51:03.305ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「クックック……ここまでだな、ヒーロー!」ジリ…

ヒーロー「おのれっ……!」ジリ…

ヒーロー「あっ!?」グラッ

ヒーロー「あああああああっ……!」

ヒュゥゥゥゥゥ…

悪人「落ちたか……この崖の高さでは助かるまい」




52019/02/25(月) 21:52:37.193ID:ID:MP7H+Jef0

手下「一応確認は必要かと」


82019/02/25(月) 21:53:45.138ID:ID:8qiYE8xd0

手下「生きてたら困るんで、とどめ指してきますね」


102019/02/25(月) 21:54:10.892ID:ID:JBe4CEWn0

普通に考えて必要ない確認は部下にやらせない
いい上司じゃないか


112019/02/25(月) 21:54:13.849ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「さあ、帰るぞ!」

手下「あのー」

悪人「ん?」

手下「一応死体を確認しません?」

悪人「死体? こんな高さから落ちて生きてるわけないだろ」

手下「でも、万が一ってこともありますし……もし生きてたら死ぬ気でリベンジに来ますよ、きっと」

悪人「それはまずいな……」

悪人「よし、ちゃんと死体を確認しよう!」


142019/02/25(月) 21:54:55.775ID:ID:10Ln2Bcyr

手下有能


182019/02/25(月) 21:56:39.922ID:ID:NKjMq1X+M

それ手下にやらせて全滅せられる系


192019/02/25(月) 21:57:17.747ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「しかし……」

悪人「この高さ……どうやって降りればいいんだ?」

手下「飛び降りるとか?」

悪人「飛び降りたら俺も死ぬだろうが!」

手下「ごもっとも」

悪人「仕方ない、崖の下に降りれるような階段がないか探してこい!」

手下「アイアイサー!」


212019/02/25(月) 21:57:42.837ID:ID:bPcx2wHqM

だいたい言い出しっぺが生かされるのに(高所的な意味で)勇気のある手下だな




222019/02/25(月) 21:58:30.817ID:ID:957we62+0

這い上がってくるまで待とう


242019/02/25(月) 22:00:19.679ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「どうだった?」

手下「ダメですね、階段はありません!」

悪人「くそっ、こうしてる間にもヒーローは息を吹き返してるかもしれんというのに……」

手下「となると、打つ手は一つしかありませんね」

悪人「どんな手だ?」

手下「ロープで降りるんです!」

悪人「マジで?」

手下「マジです」


262019/02/25(月) 22:02:51.744ID:ID:r/jORTL7K

仮面ライダーを追い詰めたのに崖から滑って死んだ奴とかいないだろうな


272019/02/25(月) 22:03:46.383ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「といっても、ロープなんざ持ってないぞ」

手下「ないなら作るしかありませんね」

手下「さいわい、ここは山ですから、材料となる蔓はたっぷりあります」

悪人「そこまでやんなくていいと思うけど……」

手下「ですが、ちゃんと死体を確認しないと我々は枕を高くして寝れませんよ?」

悪人「それもそうだな……作るか」


292019/02/25(月) 22:06:39.347ID:ID:GTTqVG/J0

手下「蔓同士をこうやってねじり合わせて、頑丈なロープにするんです」ネジネジ

悪人「うまいな、お前」ネジネジ

手下「子供の頃から図工は得意でしたからねえ」ネジネジ

悪人「ったく、やっとヒーローを倒したのに、なんで内職みたいなことするはめに……」ネジネジ

手下「ヒーローが崖から落ちないように追い詰めるべきでしたね」ネジネジ

悪人「難しいこというなよ……」ネジネジ


322019/02/25(月) 22:09:11.987ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「できた!」

手下「これだけ長さがあれば大丈夫のはず!」

悪人「だが、強度が足りなきゃ死ぬ……ちょっと二人で引っぱってみるか」

手下「アイアイサー!」

グググッ… グググッ…

悪人「よし、これなら大人二人ぶら下がっても大丈夫だろ」

手下「さっそくロープを木に結んで、崖下に垂らしましょう!」


332019/02/25(月) 22:09:23.485ID:ID:LON4eWP5a

なんかほのぼのする


342019/02/25(月) 22:10:46.086ID:ID:A+axvKJD0

手下だけに行かせりゃいいだろ… 
これは落ちるパターン


352019/02/25(月) 22:11:00.272ID:ID:zBAaK3wW0

切れるフラグしか見えない


362019/02/25(月) 22:13:10.309ID:ID:GTTqVG/J0

ヒュゥゥゥゥゥ…

悪人「……こえー」

悪人「なぁ、高さ50メートルはあるんだけど、マジでいくの?」

手下「今さらなに怖気づいてんですか!」

悪人「いや、これならもう100%死んでるって、確認作業いらないって」

手下「そういうところから生き延びるから、奴はヒーローなんですよ」

悪人「そういうもんかなぁ……。いくらヒーローだってこの高さから落ちたら死ぬと思うけど……」


382019/02/25(月) 22:15:56.639ID:ID:bPcx2wHqM

上条さんなら普通に生きてる


392019/02/25(月) 22:16:16.096ID:ID:GTTqVG/J0

手下「じゃあ、お先にどうぞ」

悪人「え、俺が先!?」

手下「こういうことはやっぱり上司ファーストじゃないと」

悪人「いやいやいや、公平にジャンケンで決めようよ!」

手下「これ以上時間かけてたら、ヒーローが息を吹き返しちゃいますよ!」

悪人「いや、だからお前が先に行けば……」

手下「いいから行けっ!」グイッ

悪人「バカ押すな! 分かった、行くよ! 行きますよ! ちくしょー!」


402019/02/25(月) 22:17:43.751ID:ID:BrhW6AMFr

手下つおい


412019/02/25(月) 22:19:39.977ID:ID:GTTqVG/J0

グイッ… グイッ… グイッ…

悪人「こええええ……!」

悪人「……」チラッ

悪人「ひっ、すごい高さ!」

手下「下見ちゃダメですよ! ロープだけに意識を集中するんです!」

悪人「分かったよぉ……!」

悪人「だけどもし、ヒーローがナイフかなんか投げてきてロープを切ったら――」

手下「余計なこと考えないで下さい!」


422019/02/25(月) 22:21:12.540ID:ID:qf2zTMPBd

大人2人分の体重支えられるロープ的なものを投げナイフで切るのって難しくね




432019/02/25(月) 22:21:51.002ID:ID:QvTWZOVd0

鷹の爪団的な


442019/02/25(月) 22:22:43.137ID:ID:GTTqVG/J0

グイッ… グイッ… グイッ…

悪人「やっと半分くらいまで来た……!」

手下「あと少しです! 頑張りましょう!」

悪人「……」チラッ

悪人「だけど、まだすごい高さ! やっぱり引き返さない?」

手下「なにいってんですか! こんなところから引き返せるわけないでしょう!」

悪人「だって、また下見たら、一気に血の気が引いちゃって……」

手下「下見るなっていったろうが!」

ニャーン…

悪人「ん?」


452019/02/25(月) 22:26:19.780ID:ID:GTTqVG/J0

子猫「ニャーン」

悪人「なんで、こんなところに子猫が……!?」

手下「猫は木登りとか得意なんで、この崖に登ったはいいが、降りれなくなったってとこですかね」

悪人「……」

悪人「おい、猫! 肩に乗れ!」

子猫「ニャン」ピョコン

悪人「安心しろ……俺が必ず地上まで降ろしてやるからな」

手下(たまにかっこいいからずるいよなぁ……この人)


462019/02/25(月) 22:29:43.845ID:ID:BrhW6AMFr

悪人(悪い人ではない)


472019/02/25(月) 22:30:11.292ID:ID:GTTqVG/J0

ザッ ザッ

悪人「やっと降りれたー!」

手下「やったー!」

子猫「ニャーン」

悪人「いやー、人間やればできるもんだな」

手下「ホントですね! 正直二人とも転落死ってオチになるかと……」

悪人「さ、帰るか!」

手下「いやいやいや、ヒーローの死体を確認しないと!」

悪人「ああ、そういえば、忘れてた」

手下「ったく、目的を忘れないで下さいよ」


482019/02/25(月) 22:30:50.269ID:ID:C5H7Z/z4d

どうやって登るの


492019/02/25(月) 22:32:51.042ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「……どうだ?」

手下「ダメです、見つかりません!」

悪人「あの崖から落ちたなら、死体はこの辺になきゃおかしい……」

悪人「ってことはやっぱり、ヒーローは生きてたのか!」

手下「ええ、奇跡的に生き延びて、もう逃げてしまった可能性が高いですね」

悪人「そんなぁ……マジかよぉ……。せっかくこんなに苦労したのに……」


502019/02/25(月) 22:35:48.707ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「あーあ、終わった!」

悪人「きっとヒーローは追い詰められて落ちた恨みで、パワーアップしてくるに違いない!」

手下「でしょうね……」

悪人「ということは、もはや俺たちに勝機はない!」

悪人「手下よ、今日までご苦労だった」

手下「なぜ突然?」

悪人「奴のリベンジを受けるのは、俺だけで十分だ。お前まで巻き込みたくはない……」

手下「悪人さん……」


532019/02/25(月) 22:37:13.553ID:ID:GTTqVG/J0

手下「いえ、俺は最期まであなたの手下です! どうかご一緒させて下さい!」

悪人「……!」ジーン

悪人「ありがとう……」グスッ

ニャーン…

二人「ん?」


542019/02/25(月) 22:41:40.599ID:ID:GTTqVG/J0

ヒーロー「……」

子猫「ニャーン」

悪人「おおっ、こんなところにヒーローが!?」

手下「でかしたぞ、子猫!」

子猫「ニャン!」

ヒーロー「う、うう……」

悪人「! さすがヒーロー、あの高さから落ちて、まだ息があるようだ。英雄というより化け物だな」

手下「じゃあ、このままトドメを刺せば……!」

悪人「……」


552019/02/25(月) 22:44:34.542ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「いや、待て」

手下「!」

悪人「やはり、俺とこいつの決着がこんな形でついてしまうというのは納得いかん」

悪人「救命処置を施すぞ!」

手下「あなたなら、そういうと思ってましたよ」ニヤッ

悪人「じゃあさっそく、心臓マッサージから始めよう!」

手下「アイアイサー!」


562019/02/25(月) 22:46:10.365ID:ID:GTTqVG/J0

悪人「1、2……」ギュッギュッ

ムニュッ

悪人「ん!?」

悪人「こ、この感触……この柔らかさは……!?」

手下「どうしました?」

悪人「ま、まさかこいつ……」ペロン

ヒーロー「……」

悪人(胸がある……ブラつけてる……)

悪人「ってことは、こいつ女ァ!?」


602019/02/25(月) 22:48:08.703ID:ID:MP7H+Jef0

心臓マッサージするところからもう一度どうぞ


612019/02/25(月) 22:50:09.633ID:ID:GTTqVG/J0

手下「え、知らなかったんですか?」

悪人「え!? お前知ってたの!?」

手下「だって声の高さや体のラインを見れば一目瞭然でしょう。気づかない方がおかしいかと」

悪人「うっせえな! どうせ俺は彼女いない歴イコール年齢だよ!」

手下「それはさておき、早くマッサージしてやらないとマジで死んじゃいますよ」

悪人「そ、そうだな」ギュッギュッ

手下(あーあ、耳まで真っ赤にしちゃって……)


622019/02/25(月) 22:53:06.197ID:ID:1GYIGRxt0

倒れてるやつを念のためブスリとかもやらないからな、恨みとかあったら死体もズタボロにしそうだが
実は結構優しいんじゃ




632019/02/25(月) 22:53:15.392ID:ID:GTTqVG/J0

ヒーロー「う、ここは……」

悪人「やっと目が覚めたか」

ヒーロー「お前が助けてくれたのか?」

悪人「あ、ああ……宿命のライバルにこんなつまらん死に方されてはかなわんからな」

ヒ―ロー「……ありがとう」ニコッ

悪人「あ、いや! 礼などいらん! 崖から落ちたのは俺のせいみたいなもんだしな、うん!」

子猫「ニャーン」

ヒーロー「この猫は?」

悪人「崖で立ち往生してたから、俺が助けたんだ」

ヒーロー「ふうん……」


662019/02/25(月) 22:56:32.775ID:ID:FJ4AGUXk0

ただの良い奴


672019/02/25(月) 22:56:54.855ID:ID:GTTqVG/J0

ヒーロー「しかし、不思議だな……」

ヒーロー「世の中には色んな悪党がいるが、お前は他の外道とは違う。筋が通っていて、男気もある」

ヒーロー「なのに、なぜ悪人などやっているのか……」

悪人「……」

悪人「あ、あのさ……」

ヒーロー「ん?」

悪人「もし、お前が望むなら、これからはもっと悪事を控えめにしてもいいぜ」

ヒーロー「本当か?」

悪人「なんだったら、俺と手下も他の外道どもを倒す手伝いをしてもいい」

ヒーロー「おおっ、それは嬉しい!」


702019/02/25(月) 23:00:21.774ID:ID:GTTqVG/J0

ヒーロー「ありがとう、ありがとう!」ギュッ

悪人「お、おい抱きつくな! 俺はほとんど女に免疫が――」

ヒーロー「なぁに、私も似たようなもんだ! 私たち、似た者同士いい仲になれそうだな!」

悪人「そ、そ、そうですね……」デレー…

子猫「ニャーン」

手下「落ちたか……あの鼻の下の長さでは助かるまい」

おわり


712019/02/25(月) 23:01:41.355ID:ID:/FLOjFfC0

ヒーローじゃなくてヒロインじゃん…………


752019/02/25(月) 23:05:54.923ID:ID:DgqhtHmAr

おちわろら


802019/02/25(月) 23:09:53.243ID:ID:h52GZEUI0

落語かよ





ホームに戻る
15