LEGOでボール運搬ロボットを作ってみた

2
1      
レゴブロック製の装置でボールを運んでいく「Great Ball Contraption」。そんな装置を、投稿者のAkiyuki(レゴ)さんが制作されました。
                   
2      
ロボットまでボールが到着すると、ロボットがボールを後ろまで運びます。ボールがないとき、ロボットの手は空振りし続けます。しかし、ボールが手元に来ると、ロボットがボールをつかんで、くるっと後ろに運びます。
3      
4      
ロボットの動きは、機械仕掛けで動いており、動力源はモーターになっています。
5      
6      
ロボットの動きがとても可愛らしいですね。
7      
8      
ロボットたちは、レゴで作られているので、同じ装置をつなげて、延々とボールの運搬作業を行うこともできます!
9      
裏面は、ロボットを動かすための駆動系が所せましに詰まっています。
10      
こういった自動で動く仕組みは、夏休みの自由研究などで作ってみたくなりますよね!試作機などの工程をより詳しく見たい方は、動画での視聴をお勧めします。
圧倒的PDCA
もはやアート
後ろがカオスだw
やばいなこの機構…天才すぎる
まさに無駄の無い無駄な動き。
リズム天国かな?
動きが滑らかだ....
マリパのミニゲームでありそう
ホームに戻る
2