新潟7歳女児殺害事件、悲惨すぎて裁判長が泣いてしまう 

・ω・
無期懲役 小林遼 被告 法廷 月日に関連した画像-01
下校中の女児に車をぶつけて車内に連れ込み、わいせつ行為をした上で殺害したとされる小林被告。わずか7歳の女の子は、なぜ短い人生を閉じなければならなかったのか。

法廷では被告以外の全ての人が、激しい怒りに駆り立てられた――。新潟市で2018年5月、小2の女児(当時7歳)を殺害した小林遼(はるか)被告(25)の裁判員裁判で、新潟地裁は12月4日、無期懲役の判決を下した。

司法記者が振り返る。
「スーツ姿の小林は特に表情を変えることもなく、淡々と判決を聞いて退廷していきました。むしろ説諭する裁判長が泣いていた。
『反省は伝わってこない』『女児には土下座してほしい』などと詰まりながら語り、裁判員たちも被告をにらみつけているようでした」

https://bunshun.jp/articles/-/52812?page=1
※上記リンクより、一部抜粋しています。続きはソースで



42022/03/19(土) 08:08:14.16ID:K6DBPAXx0.net

裁判長が感情に支配されたらダメやろ


72022/03/19(土) 08:08:37.87ID:3sq9gxCR0.net

電車でひかせたやつ?


202022/03/19(土) 08:10:36.58ID:A+TYU8Tt0.net

そこまで思うなら死刑だせよ
判例でしか守れないなら地裁なんてAIで充分


302022/03/19(土) 08:12:21.34ID:w22wfNMr0.net

これなぜか線路で見つかったやつか?


412022/03/19(土) 08:13:58.19ID:id2B7qQP0.net

事件は2018年5月7日に起こった。小林被告は新潟市で小学2年生だった女児Aさん(当時7)を殺害し、その遺体を線路に遺棄したとして、殺人などの罪に問われている。

起訴状によれば小林被告は同日15時20分ごろ、新潟市西区において運転中の軽自動車を、下校中のAさんの臀部に後ろから衝突させた。
転倒したAさんを抱きかかえ軽自動車の後部座席に乗せたのち、その頸部を圧迫して気絶させ、車を発進。

15時28分ごろから59分ごろまでの間、同区の通称『なぎさのふれあい広場』駐車場にて、Aさんの下半身に触れ、わいせつ行為に及ぶ。
意識を取り戻したAさんの頸部を約5分以上にわたり圧迫して殺害した。その後22時25分ごろ、JR東日本越後線の線路内にAさんの遺体を遺棄。
のち走行した電車にその遺体を轢過させ、頸部を切断させたとされる。


682022/03/19(土) 08:16:53.89ID:MtKHxwHdM.net

>>41
線路に置いて切断した意味よ
普通は埋めるなりなんなりするやろ


762022/03/19(土) 08:17:34.52ID:BKyMKEcQ0.net

>>68
死因を偽装しようとしたんちゃうか


572022/03/19(土) 08:15:48.41ID:6Aoev52K0.net

ここまでやっても一人じゃ死刑にならないって
じゃあどこまでやったら死刑になるって基準なんやろな?


892022/03/19(土) 08:18:20.32ID:LkBjVZ/zd.net

>>57
もう永山基準は有名無実化してるぞ



622022/03/19(土) 08:16:25.03ID:/HDUXII90.net

事件の詳細ググったら胸くそやな




無期懲役 小林遼 被告 法廷 月日に関連した画像-01


ホームに戻る
143