マルハン、VRパチンコを開発か

・ω・


㈱マルハン(韓裕代表取締役社長)は、投資事業を行う同社の子会社・㈱マルハンベンチャーパートナーズ(韓裕代表取締役社長)を通じて現在、盛り上がりを見せているVR(仮想現実)のソフトウェアやコンテンツ開発に取り組む北米のスタートアップ企業を支援するファンド「GVR Fund」(ジーヴイアール)への投資を開始した。

GVR FundはGREE VR Capital, LLC.(本社:米国サンフランシスコ)によって組成されたファンド。
同社はGVR Fundにリミテットパートナーとして参加する。投資は8月31日までに完了した。
GVR Fundへは㈱マルハンベンチャーパートナーズのほか、グリー㈱、コロプラVRファンド、㈱ミクシィが投資している。

なお、㈱マルハンベンチャーパートナーズによる投資は、KVPシード・イノベーションファンド1号投資事業有限責任組合に続き、2件目となる。

同社では「GVR Fundへの投資により、VRという成長性の高い新しい産業と積極的に接点を持ち、レジャー産業の更なる発展と、継続的な成長に向け変革に対応したビジネスチャンスを広げていきたいと考えている」としている。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.yugi-nippon.com/?p=10221


週刊朝日「小池百合子の過去6年分の金の流れを徹底検証するぞ」 → 問題が見つからず捨て台詞を吐く

・ω・

(以下抜粋で表記 <>内は文書による小池事務所からの正式な回答)

・ビックカメラやヨドバシカメラなど、大手家電量販店での支出が目立つ。
合計額は6年間でなんと約270万円。但し書きがあるだけでも、パソコン6台、テレビ4台を購入。
政治資金問題に詳しい神戸学院大学法学部の上脇博之教授が言う。

「事務所関係者の私物を購入していなかったかなど、説明すべきです」

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<主に事務作業用のパソコン、モニタ、ソフトウェアなどを購入しております>

・たびたび都内の高級ホテルに宿泊した記録が収支報告書にある(表)。7万円、18万円といった高額の領収書も。

「コーナースイート」などの代金に匹敵するだけに、気になるところだ。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<会計の事務担当が来た際に宿泊したものです。
高額のものは複数泊しております>

・舛添氏は政治資金で自著100冊を購入したことを「週刊文春」に指摘され、問題になったが、小池氏が購入した自著は約1千冊。その10倍だった。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<(政治資金パーティーの)パーティー券の対価としてお配りしたものや、政策をご理解頂くために同僚の国会議員にお配りしたもの等の総計です>

・10年2月10日に「消耗品」として3万6057円の支出が。練馬区内の食品加工会社から「ゆりこ漬け」なる品物を購入していた。
「ゆりこ漬け」とは小池氏が農家の協力を得て栽培した練馬大根を加工した漬物。小池氏の事務所で200個を、1個500円で販売したという。

これが「政治活動」と言えるのか。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<江戸の伝統野菜の普及、振興という観点から政治活動の一環として取り組み>

・「M-SMILE」という会社に「調査費」名目で09年に2回に分けて計65万1千円、12年に95万円、13年に25万円、14年に90万円が支出されていた。

「M-SMILE」の経営者は小池氏の元秘書の森口つかさ氏(34)。

「森口氏がもし、秘書のまま世論調査を請け負っていたら、身内への発注となり『裏金づくり』にも利用できてしまう。説明する責任がある」(上脇氏)

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<秘書としての身分を有する期間に世論調査を発注していない>



面接官「仕事が出来る人間のパソコンに必ず入っているソフトウェアは何だと思いますか?」

・ω・

1風吹けば名無し@\(^o^)/2016/07/31(日) 22:38:44.18ID:fII75Cmv0.net

ワイ「ファッ!? えーっと・・・、『TeX』ですかね・・・」

落ちたンゴ・・・
SEの会社だったんだけどこんな質問何て答えればいいんだよ・・・


「女慣れしている」VS「女慣れしていない」 付き合うならどちらのタイプの男性を選ぶ?

・ω・

今までに何人もの女性と付き合ってきた「女慣れした男性」と恋愛経験が少なそうな「女慣れしていない男性」。
みなさんは、付き合うのならどちらのタイプを選びますか?
自分がしたい恋愛のスタイルに合うのは、どちらの男性なのか。女性のみなさんにアンケートで聞いてみました。

Q.「女慣れしている男性」or「女慣れしていない男性」、付き合うならどちらかというとどっち?
「女慣れしている男性」……31.9%
「女慣れしていない男性」……68.1%

<「女慣れしている男性」と回答した女性意見>
■理想通りにリードしてくれそう
・「女性慣れしている男性とデートしたときに、女性が好きなお店をよく把握していて楽しかったから」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「ぐいぐい引っ張ってくれる系男子が好きなので」(31歳/その他/クリエイティブ職)

<「女慣れしていない男性」と回答した女性意見>
■ほかの女性の影を感じたくないから
・「女性慣れしている人は遊んでいそうで嫌」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「女性経験が多いと、昔の女と比べられそうだから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://woman.mynavi.jp/article/160717-009/


自前技術に固執し置き去りにされる日本メーカー、グーグルが目指す完全自動運転

・ω・

 計150万マイル(約240万km)の公道実走試験を行うなど、米Googleは米国で積極的な自動運転開発を行っている。
しかし自動車業界の関係者からよく耳にするのは、「Googleは恐るるに足らず」という声だ。それは本質を捉えているのだろうか?
Googleはなぜ凄いのか、自動車業界関係者が徹底解説する。

 自動運転車の開発で、Googleが他社を凌駕している技術がある。それが、一般道まで含めた完全自動運転のソフトウェア(走行アルゴリズム)だ。
いわゆるレベル4と呼ばれるドライバー不要の自動運転車が走る時代には、このソフトウェアの良し悪しが、クルマの重要な競争要因になる。
 Googleが他を凌駕している根拠となるのが、AI(人工知能)におけるディープラーニング(深層学習)という技術だ。
ドライバー不要の自動運転を、米国の報道ではしばしば「Drive by themselves=クルマが自ら運転する」と表現する。そのためには、走行中、人間が脳で認識、判断している作業を、コンピューターが代替することになり、信号のない交差点で他のクルマとの発進順を判断するといった、走行に必要なソフトウェアをそのコンピューターに搭載する。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6902


「仕事中なんだから眠っちゃダメ!」おかまいなしに襲ってくる睡魔…日中の眠気を覚ます3つの方法

・ω・

<日中の眠気を覚ます方法>
■カフェインをゴクゴク!
・「濃いコーヒーを飲む。シャキッとする気がするから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「栄養ドリンクを飲むのが一番効果があります。常に会社のデスクにストックしてあります」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

■体を動かして目を覚ます!

・「トイレに行ったり、場所を少し移動したり、環境を少し変える」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「どうしても眠いときはトイレに行くふりをして会社内をぐるっと歩く」(32歳/自動車関連/技術職)

■ほんの少しだけ仮眠!
・「仮眠を取る。10分前後でもすっきりします」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
・「なんだかんだカフェインは効きます。あとはトイレでちょっとだけ寝るのは効果的」(31歳/その他/クリエイティブ職)

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Escala_20160523_5799334/


MIT「今は基礎よりライブラリを組み合わせてアプリを作る時代」

・ω・

今のエンジニアは、自分が完全に理解していない複雑なハードウェアのためのコードを日常的に書いている(そして、大抵の場合、企業秘密により完全に理解するのは不可能である)。

ソフトウェアでも状況は同じだ。プログラミング環境は、多大な機能を提供する巨大なライブラリ群の集合として存在している。

Sussmanの今日の生徒は、その時間の大半を、ライブラリのマニュアルを読み、どのように組み合わせれば目的が達成できるのかを把握することに費やしている。

Sussman曰く、今日のプログラミングは、「より科学に近い。ライブラリを持ち寄って、つっつき回すのだ。プログラムを書くには、突っつき回して、どのように動作するかを観察する。そして、「目的を達成するために改造できるか」と考えるのだ」。

SICPの「合成による解析」という物の見方である、小さな、単純な部品を組み合わせて大きなシステムを作るということは、もはや今日の状況にそぐわなくなった。今や、我々のプログラミングはつっつき回すことで行われている。

http://cpplover.blogspot.jp/2016/05/mitsicp.html



3Dプリンターで何でもできるとか言ってるやついたんだが

・ω・

1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/04/29(金) 20:25:28.770ID:49+M9+2U0NIKU.net

何でもはふかしすぎだろ


働く女子にとっての神ソング4曲

・ω・

■竹内まりや「元気を出して」
・「ストレートな内容だからスッと言葉が入ってくる」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「いつまでもクヨクヨせずに前をむこうと前向きになれる」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

■ウルフルズ「ガッツだぜ!!」
・「前向きになれて、気持ちがリフレッシュできる」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「とにかく元気が出るから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

■ゆず「栄光の架橋」
・「自己嫌悪に陥ったとき励まされる曲」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「青春時代によく聴いた曲だから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■ZARD「負けないで」
・応援されているようでがんばれます」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「明るい曲だから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

http://dailynewsonline.jp/article/1123541/



【TPP】「VLC PlayerでDVDを見たら違法」となる恐れも、TPPに伴う著作権法改正で

・ω・

下記のような行為については例外規定として盛り込むよう求めている。

・オープンソースソフトウェアなどを用いた情報アクセスのための回避行為
- LinuxやVLC PlayerでのDVD/Blu-ray視聴
・視聴を目的とした複製のための回避行為
- DLNAなどのネットワーク経由での視聴
- スマートフォンやタブレットでの視聴
・引用や批評、二次創作を目的とした回避行為
・テレビ放送、DVDやBlu-rayのキャプチャ
・機器やソフトウェアの安全性チェックを目的とした回避行為
・ユーザーが自分の機器で自由なソフトウェアを動作させるための回避行為
- jailbreakingやrootingのような管理者権限取得行為
・技術の互換性や相互運用性を保つための回避行為
・解除技術が提供されなくなったコンテンツやソフトウェアを利用するための回避行為
・不正告発のための回避行為

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160223_744993.html



パソコンを手放す時にやっておきたい!「データの処分方法」3選

・ω・

①専用ソフトを使う
簡単に言うと、今あるデータに、別のデータを上書きしてしまう、という方法です。専用のソフトウェアを使用し、ハードディスクの中身を書き換えてしまいます。
最近は、データ消去専用のソフトウェアの値段も下がり、敷居も低くなってきました。

②パソコン廃棄専門業者に依頼する
インターネットで簡単に「パソコン廃棄専門業者」を調べることができます。送料もかからず、無料で行ってくれるパソコン廃棄専門業者さんが増えてきました。
パソコン廃棄専門業者さんでの方法は、ハードディスクやSSDを物理的に破壊させるか、強い磁気によりデータを消去する方法で行っているようです。
別途料金がかかりますが、ハードディスク内のデータ消去の証明書も発行してくれる業者さんもいらっしゃいます。

③店舗に持ち込み、物理的に破壊
大手家電量販店さんの中には、ハードディスクを持ち込むと、ハードディスクに穴をあけて物理的に破壊してくれるサービスを行っているお店があります。
料金は1台1,000円程度で、十数秒で破壊されます。

http://cookpad.com/articles/16162



日本の公道で自動運転が実現 テスラがオートパイロットの提供を開始

・ω・

テスラモーターズは1月15日、同社が販売する電気自動車「テスラ モデルS」に向けて
日本国内で自動運転を実現するソフトウェアの提供を開始したと発表した。

今回の提供されるのは、主に高速道路と自動車専用道路で自動運転が可能な「オートパイロット」、ウインカーを出せば自動的に車線を変更する「オートレーンチェンジ」、縦列と直角の駐車が可能な「オートパーク」の3つの機能。いずれも日本で初めて国土交通省の承認を受けており、公道での利用が可能だ。

http://news.mynavi.jp/news/2016/01/15/259/


https://www.youtube.com/watch?v=WCBRxDEk-DU

https://www.youtube.com/watch?v=YR-SJMZf7ao


レポートを書く人工知能キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

・ω・

 この文の筆者がなんらかのライティングの賞を受ける気遣いは、近い将来にはおそらくないだろう。
それでもこの書きぶりはなかなか大したものだ。ちゃんと読ませるからでも、文法的に正しいからでも、野球の試合を正確に描写しているからでもない。この著者がコンピュータプログラムであるからだ。

 このソフトウェアは〈スタッツモンキー〉といって、ノースウェスタン大学の知的情報研究所の学生と研究者たちが生み出したものだ。ある試合にまつわる客観的なデータを魅力的な語り(ナラティブ)に作り直すことで、スポーツ報道を自動化するようデザインされている。単なる事実の羅列に決してとどまらず、スポーツジャーナリストがこれは欠かせないと思うような情報を、このシステムも同じように組み入れてストーリーにまとめるのだ。〈スタッツモンキー〉は統計分析を行って、試合のあいだに起きた注目すべき出来事を見定める。そして特に重要なプレーやストーリーに不可欠なキープレーヤーに焦点を合わせながら、試合の流れ全体を要約する自然言語のテキストを作り出す。

http://bizgate.nikkei.co.jp/article/94773816.html